経理

日商簿記3級

日商簿記3級対策3~第一 簿記の基本原理

簿記会計では、勘定という概念を用いて取引を記録します。勘定とは何か、どのようなルールで記入するのかを解説いたします。
日商簿記3級

日商簿記3級対策2~第一 簿記の基本原理

皆さんは、簿記の基本原理についてご存じでしょうか。簿記の用語は難しく、覚えにくいと感じる人も多いはずです。 そこで今回は簿記の基本原理について解説していきます。
日商簿記3級

日商簿記3級対策1~第一 簿記の基本原理

簿記とは、企業活動のさまざまな取引を一定のルールにもとづいて帳簿記入を行うことです。また、取引の二面性を備えている複式簿記を指しており、資産・負債・純資産・費用・収益、この5要素のいずれか2つ以上を増減させて、仕訳を行います。
日商簿記3級

複式簿記「超」入門編 7つの要点|第2講 「借入金」なのに「貸方」の謎~借方・貸方の極意

日商簿記3級

複式簿記「超」入門編 7つの要点|第3講 預金通帳と同じところ、違うところ~単式簿記と複式簿記

日商簿記3級

複式簿記「超」入門編 7つの要点|第5講 簿記、それは帳簿記入のこと~勘定記入

日商簿記3級

複式簿記「超」入門編 7つの要点|第6講 なぜ費用は借方、収益は貸方?~費用・収益・損益計算書

日商簿記3級

複式簿記「超」入門編 7つの要点|第7講 取引から仕訳、勘定記入、財務諸表作成まで~総まとめ

日商簿記3級

複式簿記「超」入門編 7つの要点|第1講 簿記の基本原理は貸借対照表が全て!

スポンサーリンク