SNSフォローボタン
加藤英俊をフォローする

日商簿記3級対策1~第一 簿記の基本原理

日商簿記3級
日商簿記3級
スポンサーリンク

第一 簿記の基本原理【基礎概念】

簿記とは、企業活動のさまざまな取引を一定のルールにもとづいて帳簿記入を行うことです。

また、取引の二面性を備えている複式簿記を指しており、資産・負債・純資産・費用・収益、この5要素のいずれか2つ以上を増減させて、仕訳を行います。

【基礎概念】

簿記の目的は、健全な企業活動のために貸借対照表により「財政状態」を、損益計算書により「経営成績」を明らかにすることです。

そのための手順として、仕訳帳と総勘定元帳などの帳簿を用いて資産・負債・純資産・費用・収益の増減を記録します。その際、借方と貸方には常に同じ額が記帳されます。

ア.資産、負債、および資本

資産とは、資金の使い道を示す項目です。金銭的価値のあるもので、現金・土地・建物・有価証券などがあります。また、返済を受ける権利、売掛金や貸付金などがあります。

負債とは、資金の調達もとを示す項目です。金銭的価値のあるものを放棄したり返済したりする義務で、買掛金や借入金などがあります。

資本とは、資金の調達もとを示す項目です。資産と負債の差額、つまり企業の正味の財産で企業の規模をあらわしています。

利益の累積である利益剰余金や、株主から調達した返済不要の資本金などがあります。

イ.収益、費用

収益とは、利益を得るための企業活動で得た営業収益・営業外収益などで、売上や受取手数料などがあります。

損益計算書を通して資本が増える原因となるものです。収益の認識は、客観的事実を伴うサービスの引き渡しもって行われます。

費用とは、収益を得るためにかかった原価で、仕入や人件費などがあります。損益計算書を通して資本が減る原因となるものです。

費用の認識は、期間損益計算を正しく行うために発生主義会計および費用収益対応の原則に基づき行われます。

ウ.損益計算書と貸借対照表との関係

・数字で企業価値をあらわす
損益計算書の当期純利益を通して、貸借対照表の純資産(純粋なストック)が増えます(当期純損失の場合は減ります)。

経営成績を表す損益計算書に載せられる当期純利益が毎年、積み重なっていきます。
この累積が、財政状態を表す貸借対照表の純資産項目にある利益剰余金です。純資産が増えるということは、企業の価値があがるということです。

・期間損益計算によるズレをおさめる貸借対照表
貸借対照表には、期間を区切って損益計算をすることで生じるズレをおさめる機能があります。

損益計算書には、会計期間における損益を載せるので、実際の現金収支と差額が生じます(入金≠収益、出金≠費用)。

この差額を埋めるのが貸借対照表です。たとえば仕入のうち、会計期間の損益計算に含めてよいのは収益に対応する売上原価のみです。

売上原価にならなかった分を繰越商品に変えて、貸借対照表に載せられるようにします。

・クリーンサープラスの関係
損益計算書と貸借対照表には、クリーンサープラスの関係があります。

これは、資本取引(株主からの増資など損益計算書を通さずになされる取引)が無い場合、損益計算書の損益と貸借対照表の純資産増減額(期首純資産と期末純資産の差額)が一致する関係という意味です。

日商簿記3級には「スッキリわかるシリーズ」がおすすめ

口コミやレビューで評価の高い「スッキリわかるシリーズ」をご紹介します。

講義動画もついており、おすすめです。

スッキリわかる 日商簿記3級 第12版 [テキスト&問題集]

「知識習得」から「問題演習」までがこの1冊でOK! 「解き方」講義動画まで付いた、今や「定番」の簿記テキスト!
簿記知識ゼロから始められる「テキスト」と、身につけた知識を定着させる「問題集」を1冊にまとめることで、わかりやすさと学習効率の良さを両立!

独学で合格できる力をきちんと養えるよう、学習論点をスッキリとまとめ、必要十分にスッキリ解説しています。初めての簿記学習者も安心して使える、長年にわたって大人気の簿記対策書籍です。

ネット試験を体験できる模擬試験プログラム付き!!

★ネット試験・統一試験 2021年度の出題傾向に対応しています★

他のテキストを購入して勉強していましたが、文字ばかりが羅列されていてなかなか頭に落とし込めていないなぁと感じていました。
口コミを見ると、こちらの本はイラストも多く試験に必要な重要ポイントも分かりやすく書いてあるとのことで勉強の補助的な教材として購入しました。
しかし、思っていたよりも分かりやすくて解説されていて、私にはピッタリの教材でした。今ではメインの教材として使用しています。

スッキリうかる 日商簿記3級 本試験予想問題集 2021年度

【直前対策に時間が割けない方も安心! 「予想問」をこれ1冊で】
「スッキリわかる日商簿記」シリーズは、必要最小限のボリュームに厳選し、なるべくコンパクトに学習できるよう開発されているシリーズです。

本書は、その直前対策用書籍。「最低限必要」となる「予想問題9回」にまで絞り込みました。

直前期に時間が取れない方や、短期間での合格を目指す方には、特に活用度大の書籍となっています。

ネット試験の模擬試験プログラム付き!(現在1回分を提供中。残り4回分を5月に提供開始予定です。)

★2021年度のネット試験・統一試験 出題傾向に対応しています★


口コミによると、
合格しました!
スッキリシリーズを使って独学で合格することができました!
本番の問2で、ほとんどそのままのものが出題されてびっくりしました!
解説もわかりやすく、独学にはありがたかったです。
引用元:https://www.amazon.co.jp/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宮崎市のファイナンシャルプランナー・Webライター加藤英俊オフィシャルサイトです。